VARIE groupMEDIA

札幌美髪

【プロの美容師が教える】美髪になるための知識と7つのケア方法

 

 

「ツヤツヤでサラサラな髪の毛にしたい!」
多くの女性が思っていることでしょうし、私自身もそう思っています。
しかし、あなたが美髪のためにやっているケアが間違っているかもしれません。
とはいえ、
・どうやってケアをしたらいいのかわからない
・考えてみたら髪の毛のこと、よく知らない…
という方も多いと思います。

そこでこの記事では、プロの美容師の観点から美髪になる方法やセルフケアの方法をわかりやすくお伝えします!

 

具体的には、
・美髪のために!髪の毛の正しい知識
・実はそのケア方法、間違ってるかも!?
・美髪にするための秘訣
・自分でも出来る7つのケア方法
・最先端の美髪ケア方法3つ
の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。
4分くらいで読めますので、あなたも自分でサラサラの艶髪を目指してみませんか♪

 

 

<目次>
美髪のために!髪の毛の正しい知識
美髪ってどんな髪の毛?
髪の毛は自己修復しません!痛む前に予防を!
「シャンプーを使わずにお湯だけで洗う」これ、不潔です!
実はそのケア方法、間違ってるかも!?
自然乾燥させると髪の毛は傷みます
コーミングのしすぎは髪の毛にダメージが!?
朝シャンは紫外線のダメージを直に当ててしまう!?

 

 

美髪にするための秘訣

自分でも出来る7つのケア方法

美髪のためのケア1:シャンプー
美髪のためのケア2:トリートメント
美髪のためのケア3:ヘアオイル(洗い流さないトリートメント)
美髪のためのケア4:ドライヤー
美髪のためのケア5:ヘアアイロン
美髪のためのケア6:UV(紫外線)ケア
美髪のためのケア7:食べ物

 

・最先端の美髪ケア方法3つ
1 遠赤外線で油脂を守りながら乾かすドライヤー
2 サロントリートメント後のうるツヤ髪に!超音波ヘアアイロン
3 髪の毛を労わりながら洗う、アミノ酸シャンプー
まとめ:美髪になるために

<美髪のために!髪の毛の正しい知識>

髪の毛をサラサラに保つにはきちんとケアをしなければいけません。
ネットで調べても情報がいっぱいありすぎて、どの方法をやったらいいかわかりませんよね….。
まずは美髪ケアをしていくために、髪の毛に関する正しい知識を覚えていきましょう!
今まで思っていたことが間違っているかもしれませんよ!

 

<美髪ってどんな髪の毛?>
「美髪」と言われてどんな髪の毛をイメージしますか?

痛んでいない健康な髪の毛だと思っているなら、それは間違いです。
美髪とは「ツヤがあり、手触りがなめらかで、健康そうに見える髪」のことです。

「痛んでいたらそんな髪の毛になるわけない!」こう思うかもしれませんが、
ある程度のダメージまでは正しいケアをすれば美髪になることができるんです!

痛むからといって、カラーやパーマなどのオシャレの幅を狭める必要はないんです!

 

↓↓予約はこちらから↓↓

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000040046/stylist/T000379906/

 

<髪の毛は自己修復しません!痛む前に予防を!>
髪の毛は生物学的に死滅細胞であるといわれています。

肌などは怪我をして傷ついたら、時間が経てば治ります。

それに比べて髪の毛は、あなたが今まで経験したカラーやパーマ、ヘアアイロン、紫外線、摩擦などのダメージが全て蓄積していて、切り落とすまでその傷みは治ることはないんです。

美容院に行ってトリートメントをしていると思いますが、
トリートメントはダメージの予防と補修であって、修復ではないので髪を元に戻すことはできません。

髪の毛を美しく保ちたいなら、余計なダメージを与えないように予防しなければいけないのです。

 

<「シャンプーを使わずにお湯だけで洗う」これ、不潔です!>
「ノープー(お湯シャン)」って聞いたことありますか?
元々は海外から日本に広まったヘアケア法で、シャンプーを使わずにお湯だけで髪の毛を洗うことをノープーといいます。

ホコリや皮脂、汗などの汚れは予洗い(お湯だけで洗うこと)でほぼ落ちると言われており、シャンプー剤を使わないことで髪にかかる負担を減らすことができます。

しかし、酸化した皮脂や排気ガス、タバコの煙に含まれるタールなどの脂溶性の汚れはシャンプーなしでは落とすことができません。そして、脂溶性の汚れが残ったまま放置されると頭皮のニオイの原因となってしまうんです!

ツヤはあるけどなんかクサイ!?それはちょっと美髪とは言えないですよね…

シャンプーは使うようにしましょう!

 

ちなみに、よく聞かれるのがシャンプーの種類です。
シリコン入りのシャンプーは頭皮を詰まらせるから、髪の毛によくない!という印象が強いですが、毛穴を詰まらせたり、頭皮や毛髪にダメージを与えるものではないんです。

コンディショニング成分なので、軽く仕上げたい人はノンシリコン・まとまりが欲しい人はシリコン入り!というように好みに合わせて選べばいいんです♪

ただ、髪の毛は水に濡れているときにダメージを受けやすいので、シャンプー中に髪の毛がきしんで指通りが悪いようなら、シリコン入りを選んでみてください。

 

<そのケア方法、間違ってるかも!?>

あなたはこんな風にケアしていませんか?

「ドライヤーを使うと熱で髪が傷むから自然乾燥にしよう!」
「たくさんクシを通して指通りをよくしよう!」
「寝ている間に汗をかくから朝シャンプーしよう!」

実は、これ全て間違いなんです。
<自然乾燥させると髪の毛は傷みます>

 

ドライヤーの熱で髪の毛が痛んでしまいそうだから…と自然乾燥にする方も多いようですがこのケア、実は間違っているんです。

髪の毛を洗ってからすぐ乾かさないと水分が髪や頭皮に付着したままなので雑菌が繁殖して、フケやかゆみ、ニオイの原因になってしまいます。

ほかにも、髪の毛が一番痛みやすい状態は”髪の毛が濡れているとき”です。

髪が傷みやすい状態で長く放置するのと、少しの熱と風を使ってできるだけ早く傷みにくい状態にしてあげるのでは、早く傷みにくい状態にするほうがダントツで美髪に保つことが出来るんです!

髪の毛はドライヤーで乾かすようにしましょう!

<コーミングのしすぎは髪の毛にダメージが!?>
たくさんクシを通すと確かに指通りはよくなります。
しかし、過度なコーミングは逆に髪の毛を傷つけてしまいます。
クシの通しすぎにも気をつけましょう!

<朝シャンは紫外線のダメージを直に当ててしまう!?>
「寝ている間に汗をかくし、朝シャンプーした方がよいのでは?」
そう思う方も少なくはないはず。
生活リズムにバラツキはあると思いますし、寝ているときに汗をかく人も多いですが、夜にシャンプーすることをお勧めします!
寝ている間に必要な皮脂を分泌し、頭皮に膜を張ってくれるからです。
これは紫外線から髪の毛を守ってくれるための膜で、生成するのに約6時間ほどかかるため朝にシャンプーするとこの生成されたばかりの膜を落としてしまいます。
そうすると、紫外線のダメージを直に受けてしまいます。
もし朝に髪の毛を洗うのであればシャンプーはせず、トリートメントだけにするか、すすぎだけにしましょう。

 

<美髪にするための秘訣>
美髪になるために、頭皮汚れをきちんとオフして髪への負担は最小限にケアしましょう。

畑のように、”いい土で育った野菜は美味しい!”と言うように頭皮を健康に維持し、血流のいい頭皮は髪が綺麗になるのです。

頭皮の汚れを落とすのに、スキャルプブラシは抜群のアイテムなんです!
ブラシの先が頭皮にしっかりと圧をかけて心地よく刺激してくれるので、頭皮のコリがほぐれる感じがして気持ちよいです。
また、四方八方にブラシを動かすと血液の流れを活性化し、顔のくすみを飛ばす効果もあります。
頭皮は顔の延長です。血流の状態が良くなると自然と顔もリフトアップするので、一石三鳥以上なんです!

スキャルプブラシの他にも、頭皮と髪の毛の不要な物を除去するリセッター(界面活性剤除去)を使うと髪の毛にツヤが出たり、トリートメントの浸透性をアップすることができますよ!

 

 

モッズヘア札幌パセオ店 田部 悠真

 

↓↓予約はこちらから↓↓

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000040046/stylist/T000379906/

この記事を書いた人

VARIE Group

VARIE Group

バリエグループ

たくさんの人の夢をかなえるピープルカンパニーです。

INSTAGRAM

関連する記事

札幌カラーデザイン

こんなにある!自分だけのオリジナルなハイライトカラーにチャレンジ!

    「ツヤツヤでサラサラな髪の毛にしたい!」 多くの女性が思っていることでしょうし、私自身もそう思っています。 しかし、あなたが美髪のためにやっているケアが間違っているかもしれません。 とはいえ、 […]

札幌ショートヘア

失敗しないショートヘア

    「ツヤツヤでサラサラな髪の毛にしたい!」 多くの女性が思っていることでしょうし、私自身もそう思っています。 しかし、あなたが美髪のためにやっているケアが間違っているかもしれません。 とはいえ、 […]

札幌メンズカット

こんなにある刈り上げバリエーション

    「ツヤツヤでサラサラな髪の毛にしたい!」 多くの女性が思っていることでしょうし、私自身もそう思っています。 しかし、あなたが美髪のためにやっているケアが間違っているかもしれません。 とはいえ、 […]

札幌ハイフ

美人顔の条件は小顔

    「ツヤツヤでサラサラな髪の毛にしたい!」 多くの女性が思っていることでしょうし、私自身もそう思っています。 しかし、あなたが美髪のためにやっているケアが間違っているかもしれません。 とはいえ、 […]

PAGE TOP

OFFICIAL SNS